前へ
次へ

家庭教師として研修を受ける

担当の生徒宅まで出向くのも家庭教師ならではで、直接指導を行います。
学歴や職歴から抜擢されるものの、教育者として改めて研修を実施している学習塾や進学塾も少なくありません。
模擬授業を経験してみたり、現役教師が現地同行してくれるなど、大手企業で行う研修内容はリアリティ重視で、集団授業とのやり方の違いを習わるようです。
受験やテスト対策、学力アップ、苦手分野の克服など、指導する学生の要望は様々で、そのニーズに合わせて勉強を教えます。
志望校合格という生徒の多くは、マンツーマン指導を選ぶ傾向で、あえて「家庭」に限定していません。
学ぶ環境を選んでいられない、そうした理由もあるようです。
過去問、参考書を駆使しながら受験対策をしますが、生徒に合った勉強法があり、そこを家庭教師が把握できるのかが生徒の満足度になり得るのでしょう。
1週間、あるいは1ヶ月の学習スケジュールが組まれ、集団授業と違う環境であるため、個々のカリキュラムも作成されます。

Page Top