前へ
次へ

個人契約の家庭教師は先生の成長がある

学校の先生や塾の先生は、子供を教えるための教育を受け、さらに経験などがあります。
ベテランの先生と新米の先生ではそれなりの差がありますが、新米の先生でももちろん教えることはできます。
学生がアルバイトで塾の先生をしたり派遣型の家庭教師をすることがありますが、これらにおいても事前に一定の教育を受けた上で子供に勉強を教えます。
個人差は適度にあるでしょうが、一応はきちんと教えてくれるでしょう。
個人契約の家庭教師においては、これまで家庭教師の経験がある人とない人がいます。
ある人なら最初からしっかり教えてくれるでしょうが、初めて教える人だと先生自身が教え方が分からなくて戸惑うこともあるようです。
子供の方がしっかりしているケースがあるかもしれません。
ただ能力のある先生は次第に実力を発揮するようになり、どんどんうまく教えられるようになってくれるかもしれません。
派遣型の先生より将来の成長の期待があります。
もちろん成長してくれない可能性もあります。

Page Top