前へ
次へ

家庭教師とのマッチング

知名度が高い大手の学習塾のみならず、地元密着型の中小企業となる学習塾がありますが、サポート体制などを気にかけるのが家庭教師のアルバイト生です。
教育者として、生徒と保護者に求められる内容をクリアしなければならず、その人物像は興味があるよりも、教えることが好きでなければならないマンツーマンの携わりが挙げられています。
そこそこでやり方は異なりますが、生徒のリストがあり、希望の教科、曜日などによって教師と生徒とのマッチングを行うようです。
生徒の学年、性別からも、適任者は異なりますし、本来の自宅への派遣という意味では、住んでいるエリアもチェックし、やる・やらないを教師側も選ぶことができます。
もちろん、指導を受ける生徒、レッスン費用を捻出する保護者は、数回の授業を体験し、担当者を変更することが可能です。
また、家庭教師に対して、お茶程度を出す家庭もあれば、食事の用意をする家庭もありますが、基本、食事の誘い、プライベートでの関与というのはお断りしているようです。

Page Top