前へ
次へ

個人契約の家庭教師は料金交渉がしやすい

子供に学校以外の教育を受けさせるとき、それなりに教育費のことを考えないといけません。
将来的には大学進学などでかなりの教育費がかかる可能性があり、それまでに沢山お金を使ってしまうと大学進学させられないかもしれません。
大学進学費用に加えてそれまでの教育費もうまく調整する必要があるでしょう。
塾や派遣型の家庭教師サービスは基本的には料金が決まっていて料金交渉はできません。
希望の料金に近いところを探すしかないでしょう。
塾や派遣型の家庭教師において希望の料金を提示しているところがない時、個人契約タイプの家庭教師の利用を検討してみましょう。
こちらは料金に関しては取り決めがなく、自由に交渉をすることができます。
派遣型の場合は会社とアルバイトの取り分があるためにどうしても高めに設定されるでしょうが、個人契約は会社が間に入らない分安く利用できそうです。
ただあまり安くし過ぎると学生の指導意欲を削ぐことになるので、成功報酬を設けるなどうまく交渉すると良いでしょう。

Page Top